ESTA(エスタ)とは

ESTA(エスタ)とは、Electronic System for Travel Authorization(電子渡航認証システム)の略名で、アメリカ合衆国への短期滞在を申請し、承認を受けるためのオンラインシステムです。

日本などのVWP(ビザ免除プログラム)加盟国の国民が、米国にビジネスや観光目的で最長90日間の短期滞在をする際、査証(ビザ)は免除されていますが、ESTAを申請し「渡航認証許可」を取得する必要があります。
事前にESTAの認証を取得していない場合、航空機への搭乗拒否や、搭乗できた場合でも、入国審査時に入国を拒否されますのでご注意ください。

ESTAはDHS(アメリカ国土安全保障省)、CBP(米国税関・国境警備局)が運営する公式ウェブサイトから直接申請が可能ですが、アメリカ政府のシステムであるため、公用語の英語による問い合わせ対応しか行われていません。
申請後の承認状況の確認、誤った情報で申請(送信)した場合の対応についても同様に英語のみの対応となります。

また、問い合わせは外務省や在日アメリカ大使館も対応しておりません。

ESTAの申請は年齢を問わず必要です。
対象者はハワイを含むアメリカ合衆国へ渡航する全ての人です。
家族やグループで渡航する際は全員分の申請が必要になります

ESTAは個人単位で申請手続きが必要になるため、例えば家族であれば別々の申請が必要です。申請手数料も人数分、必要になります。
グループの代表者が全員分を入力することで、家族全員分の申請が可能です。

ESTAの有効期限と申請時期

ESTAの有効期限と申請時期
ESTAには有効期限が儲けられています。これは国のセキュリティ対策と、渡航者の状況の変化に対応するためです。

有効期限は承認されてから2年間。この期間内であれば、複数回の渡航が可能ですが、1回の滞在期間は最長90日以内となります。また、パスポートの有効期限日をもってESTAの「渡航認証許可」は無効となるため、パスポートの有効期限が切れてしまった場合は、再申請が必要になります。ただし以下の場合は、期間内であっても再申請が必要となるため、注意が必要です。

ESTAの再申請が必要な場合

1. 渡航者が新規にパスポートを取得した場合

名前・性別・国籍など個人情報が変更された場合は新たなパスポートを取得する必要があります。
※婚姻し籍を入れ名字が変わった場合も該当します。

2. 前回ESTAを申請した際の適格性質問に変更が生じた場合

【変更例】
a. 前回ESTAを申請してから、「イラン、イラク、リビア、北朝鮮、ソマリア、スーダン、シリア、イエメン」に渡航したことがある場合
b. 前回ESTAを申請してから、現在までの間で米国ビザを否認されたことがある場合
c. 感染症を患っている場合「黄熱病、天然痘、ウイルス性出血熱、エボラ熱、マールブルグ熱、ジフテリア、コレラ、結核、感染症、疫病、ラッサ熱、クリミア・コンゴ熱を含む、重篤な急性呼吸器疾患」

ESTAの申請時期

ESTAの承認
ESTAの申請は、結果が降りるまでに最大3日程度かかる場合があるため、渡航日の3日前(72時間前)までに申請が必要です。

特に長期休暇前、祝日、米国への渡航者が急増すると予想される大規模なイベントが行われる前やその期間は、多数の申請が集中するため、システムが混雑します。それらの理由から渡航の3日前(72時間前)に申請することが推奨されています。システムが混雑するため、余裕を持った申請が必要になります。

ESTA申請時に必要なもの

  • パスポート
    有効なパスポート
  • 住所、電話番号
    日本における
    住所・電話番号
  • 勤務先
    勤務先名
    (お仕事をされてる方)
  • メールアドレス
    メールアドレス
  • クレジットカード
    クレジットカード(申請費支払いの為)

    カードブランド:
    VISA、MasterCard、American Express、Discover(JCBを含む)

    上記カード会社であればデビットカードも利用可能。申請者がクレジットカードを所有していない場合でも、第三者名義のカードで申請手数料を支払うことができます。
    ※カード発行会社やカードの種類によっては利用できない場合があります。詳しくは、ご利用のカード会社にお問い合わせください。

  • アメリカでの滞在先
    アメリカでの滞在先名

    ※トランジット(米国での旅客機の乗り継ぎ)の場合は不要

    また、航空会社によっては航空券購入の際や、ウェブによるチェックイン時に、米国での滞在先を入力することが可能ですので、アメリカの滞在先名が未定の場合でも申請が可能です。

    未定の場合、「Unknown」(不明)と入力しておくことを推奨します。

ESTA申請の流れ

  • 申込
    申込
    申請情報を入力してください。申請ページに従って入力することで23分※程度で入力が完了します。
    ※引用:ESTA(エスタ)申請 - 在日米国大使館と領事館
  • 支払い
    お支払
    ESTAの申請が完了したら、手続きに必要な料金のお支払いをお願いいたします。クレジットカードを選択し、お支払いが可能です。
  • 審査
    審査
    申請結果が出たタイミングで、ご登録いただいたメールアドレスに結果をお送りいたします。uthorization Approved:渡航認証許可だった場合に渡米が可能です。申請状況はコチラで確認できます。
  • 申請完了
    申請完了
    「渡航認証許可」の通知を受けたタイミングで申請が完了します。メールにて渡航認証許可証を送付いたしますので、ご確認後に認証情報は印刷しておくと良いでしょう。

ビザ取得が必要になる場合

以下の3つの渡航目的の場合、ESTAを申請し認証を受ければ渡航可能です。
1. 観光目的での渡航:
・レジャー活動、文化や観光名所の訪問、一時的な休暇など娯楽目的でアメリカに訪れる場合
2. ビジネス目的での渡航:
・商談、会議、調査などの際
 ※記者活動(報道関係の業務)を行う場合はビザが必要ですのでご注意ください。
3. トランジット(旅客機の乗り継ぎ):
・アメリカを経由し他国へ向かう際に、米国内で飛行機の乗り継ぎや滞在が発生する場合。

一方、以下に該当する場合はビザを申請する必要があります。

  1. アメリカでの滞在期間が90日を超える場合
  2. 日本国籍であっても、イラン・イラク・スーダン・シリア・北朝鮮のいずれかの国籍を有する二重国籍の場合
  3. 米国移民法における、逮捕歴や犯罪歴がある方
  4. 特定の重大な伝染病を患っている方
  5. 米国により、入国拒否をされたことがある方。強制送還を受けたことがある方
  6. 過去にESTA認証による渡航を行い、90日以上米国に滞在(オーバーステイ)したことがある方
  7. 2011年3月1日以降イラン・イラク・スーダン・シリア・リビア・ソマリア・イエメン・北朝鮮に渡航歴のある方、及び滞在歴がある方
  8. 2021年1月12日以降にキューバに渡航歴のある方、及び滞在歴のある方

これらの場合には、アメリカ合衆国の大使館や領事館でビザの申請手続きが必要となります。ビザの種類や申請者の個人情報により、申請から承認までに時間がかかる場合があります。一般的には数日から数週間と言われていますが、より時間がかかる場合もありますので、早めの申請をおすすめします。

ESTA(エスタ)申請の注意点

ESTA(エスタ)申請の注意点
アメリカ合衆国へ向かう旅客機が出発する際に、申請が完了し認証を受けていない場合、航空機には搭乗ができません。また搭乗できた場合でも入国審査で入国を拒否されることがあるので注意してください。

ESTAには最大3日程度(72時間)の審査期間があり、申請状況は、申請されたお客様の申請番号、氏名、生年月日、パスポート番号などの情報を入力して確認できます。

注意点として、正確な情報を入力し、適格性質問にも真実を回答することが重要です。また、ESTAの申請は渡航の72時間前に行う必要があるため、余裕を持って申請をすることが推奨されます。注意点をもっと詳しく知りたいという方は、こちらにてご確認下さい。

申請状況は、以下の3つのステータスのいずれかです。

  • 渡航認証保留
    Authorization Pending
    渡航認証保留
    保留中は審査中という意味ですので、否定的な結果を意味するものではないためご安心ください。最大72時間以内に承認結果が表示されます。
  • 渡航認証許可
    Authorization Approved
    渡航認証許可
    渡航認証許可はESTA申請が承認され、ESTAが取得できた状態になります。ビザ免除プログラムに基づき、アメリカへの渡航が認められます。
  • 渡航認証拒否
    Travel Not Authorized
    渡航認証拒否
    何らかの理由でアメリカへの渡航が不可能と判断されたという意味です。24時間後の再申請またはビザの申請をご検討ください。
「渡航認証拒否」「渡航認証保留」と表示されてる場合の理由や対応方法。
対処法はこちらのページで説明してますので、ご参照ください。

ESTA申請フォームの申請手順

  • 1.渡航者情報の入力
    名前、生年月日、性別、国籍などの個人情報を入力します。
  • 2.パスポート情報の入力
    パスポート番号、発行国、有効期限などの情報を入力します。
  • 3.旅程情報の入力
    渡航目的、滞在先、往復航空券の情報を入力します。
  • 4.適格性質問の回答
    渡航者の過去のビザ取得状況や犯罪歴などについての質問に回答します。
  • 5.申請料の支払い
    申請には申請料がかかります。クレジットカードやデビットカードで支払いをします。
  • 6.申請が承認されると、ESTAの認証許可が与えられます。
    認証許可は通常すぐに発行されますが、最大で72時間かかる場合もあります。ESTAの有効期限は2年間であり、期限内に複数回の渡航が可能です。

ESTA証明書の印刷について

ESTA証明書の印刷

ESTAの申請が承認されると、「渡航認証許可証」という書類がもらえます。この許可証は印刷して持っていくことが推奨されていますが、必ず印刷しなければならない義務はありません。基本的には、渡米の際に空港などで許可証を提示する必要はありません。

ただし、パスポートと一緒に許可証の提示を求められる場合もありますので、万が一のトラブルに備えて、印刷して持参することが望ましいです。渡航認証許可証には、ESTAの申請番号や有効期限、パスポート番号などが明記されていますので、「申請内容に変更はないか」「期限は有効期限内か」などの確認ができます。これにより、過去にESTAで認証を受けた許可証が現在も利用できるかどうかを確認することができるため、便利です。

ESTA申請費用の領収書について

領収書の発行は可能です。

発行をご希望の場合はこちらの問い合わせフォームより、ご申請をお願いいたします。
最短3営業日内に、メールにて領収書を送付いたします。

よくある質問

A : いいえ。ESTAをグループ申請(家族申請)の一人当たりの申請費用は、個人で申請した時と変わらず21ドルです。ESTAのグループ申請について詳しく見る

A : ESTAの申請は渡航日の3日前(72時間前)までに申請が必要です。ESTAの申請時期について詳しく見る

A : 再申請することが可能です。パスポートの情報を正しく入力できず拒否された場合などは、正しい情報に修正して、再申請することが可能です。ただし、ESTAの申請は正確に入力することが求められるため、慎重に記入してください。ESTAの再申請について詳しく見る

海外渡航関連最新情報

ESTAお役立ち情報

ESTAお役立ち情報をもっと見る
ESTA Application Center では
複雑なESTA(エスタ)の申請を
お客様に代わって完全サポート
年中無休でご対応いたします。米国渡航に不慣れな方やご自身での申請が不安な方のために専門知識を兼ね備えた専任担当者が丁寧にアドバイスいたします。当サイトの申請代行サービスをご利用頂く場合、自身で直接申請される場合と比較し簡単にクイックに申請が可能となります。